借金があっても生活保護を受けれる?

 

いろんなサイトで借金があるとダメ、生活保護費からローンを返したらダメ

と書かれてあったりしますが

法律では

・借金があるものは生活保護を受給できない

・生活保護費からローンを支払ってはならない

といったことは、一切書かれていません。

ですので、借金があったり、保護費から借金を返済しても、法律上、本来、何ら問題はないです。

 

 

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

しかし、ここにも大きな問題があります。

条文を以下のように拡大解釈し、厳しい対応をしているケースワーカーや福祉事務所がとても多いのです。

 

条文とは、例の

 

保護法第60条

「被保護者は、常に、能力に応じて勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに支出の節約を図り、その他生活の維持及び向上に努めなければならない。」

 

この条文の「支出に節約を図り」の部分。

この部分について

「借金を返す=節約していない」と解釈し、借金返済を認めないケースワーカーがとても多い。

ちなみに僕の同僚のケースワーカーも、その方針でした。

 

そういった福祉事務所やケースワーカーは

保護申請をする

・債務整理

・自己破産 (負債が100万円以上ある場合)

といった手続きをするよう指導します。

 

syakkin

 

ここで、条文を上げ、自分の正当性を訴えて、直接ケースワーカーや福祉事務所と戦っても、担当者の心証を悪くなるので、保護が決定したとしても、その後がかなりバツがわるいですし、受給者にとっては得策にならないと思います。

 

どうしても戦いたいのであれば、の生活保護担当窓口に相談するなり、市(町)議会議員や、地域の民生委員に、どうしても生活保護を受けれないと厳しいんだということを説明し、そちらサイドから口利きしてもらうといった、第三者から客観的な立場から言わすのが、結局、あなたにとって賢明な方法だと思います。

ケースワーカーと揉めても、得することなんか一つないですから!!

 

しかし、勘違いはしないでくださいね!

 

ケースワーカー、福祉事務所は、保護者をいじめたくて、そのような態度・解釈をしている訳ではありません。

「一人でも、生活保護から自立して欲しい。」

この気持ちしかありません。

債務整理や自己破産など、申請前に、借金を整理させようとするのも、これも全て、申請者の負債をきれいにして、少しでも自立に向けて歩んでもらいたいからなのです。

 

 

ただ、僕は

申請する前であろうが、保護が決定されてからであろうが、負債がある程度大きいのであれば、債務整理や自己破産した方が、断然、楽だと思ってます。

むしろ、しない人は相当Mなんだと思います。

債務整理や自己破産について、怖いイメージを持たれているのは、知識が無さすぎるからであり、両方とも、ちゃんと知れば、多額の負債を抱える人にとって、こんなにお得な制度はないと思います。

そもそも、こういった制度は、多重債務者を「救済」する為に作られた制度なのですから!

特に、自己破産については、生活保護受給者でも自己破産はできるの?で、詳しく説明していますので、読んでみて下さいね。

とても、生活保護受給者にとっては、神級に良心的な制度だと理解できると思います。

 

 

筆者からのメッセージ

僕は、地方公務員でケースワーカーとして、生活保護を担当してきました。

毎日、たくさんの保護相談を受けてきましたし、このページを読んでいるみなさんの中にも、保護を検討されている人も多いと思います。

しかし、実際の現場に出て分かったことは、生活保護の実情はそんなに甘いものではないということでした。

僕は、みなさんには、生活保護はオススメしません。

かといって、このサイトにたどり着いたみなさんに

今さら、「真面目にコツコツ働きなさい。」とも、いうつもりはありません。

 

お金がなく、生活に困っている、みなさんの役に、何とか立ちたいという想いから

地方公務員で、ケースワーカー経験者でありながら

生活保護を受けるよりも、「簡単」に生活苦から抜け出せる方法を

精一杯考えましたので、ぜひ、ご覧になってみてください。

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

できるだけ多くの悩まれてる方々に 情報をお届けできたらと思って ブログ書いてます。

もし、よかったら ブログ内に

Facebook

google+

はてなブログ等

のシェアボタンを設置してあるので、ぜひポチッとしてもらえるととても嬉しいです。

あなたの力、少しだけお貸しください。

.