生活保護をテーマにしたドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」が反響を呼んでいます。

 

その中で、下記の記事を目にした。

 

 

以下あらすじは、ニュースサイトから抜粋

——————————————–

8月21日に放送された吉岡里帆主演のフジテレビ系ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』第6話が、あまりにもヘビーな内容だとして大きな反響を巻き起こしている。

 

同ドラマは、生活保護受給者と向き合う「生活課」に所属された新人公務員・義経えみる(吉岡)が主人公。同僚や上司たちに支えられながら、生活保護受給者と心を通わせていく物語だ。

 

前回の第5話で、島岡光(佐野岳)という男性が、生活保護を希望してえみるの元へやってきた。しかし島岡は自分がうつ病だということ以外の情報は話さず、親族による援助が可能かを確認する「扶養照会」もかたくなに拒否。そこでえみるが調べてみると、島岡の父・雷(小市慢太郎)は、総合病院の院長で、島岡を扶養する意思があると判明する。

 

しかし第6話では、雷が面会にやってくると知った島岡が自殺未遂をしてしまう。親子関係を不審に感じたえみるは、島岡の主治医から、島岡は8歳のときから雷に性的虐待を受けていたことを知らされる。虐待がきっかけで島岡は心的外傷後ストレス障害(PTSD)を引き起こしているようで、安易に島岡と雷を会わせようとしたことを、えみるは反省。島岡に近づこうとする雷を、上司の京極(田中圭)とともに引き離すのだった。

———————————————————

 

このサイトでは、この内容が攻めすぎているので、視聴率が爆死しているとのことだった。

 

しかし、ケースワーカーとして言わせてもらうと、こんな話、特に珍しくもなんでもない。

よくある話です。

 

いや、むしろもっと壮絶です。

 

なのでドラマを見ていると、きれいな部分ばかりでイラつきすら感じてしまいます。

 

でももっとイラつくのが、そのドラマを喜んでみる人。

しかも、ちょっとグロテスクな描写が入っただけで引いちゃったりして。

 

生活保護をテーマにしたドラマということで、視聴者は、怖いもの見たさ的な感じで興味本位で見ているんだと思います。

 

しかし、何度も言いますが、福祉の現場は想像以上に壮絶です。

 

他の記事で書いたかと思いますが、人の死体だって拾います。

 

人の死が近く感じてしまうんです。

 

 

生活保護の世界は、それくらい壮絶なんだと国民みんなに知ってもらいたい。

 

そういう意味では、視聴率なんて気にせず、もっともっと攻めてもらいたいと思います。

 

 

グイグイ攻めた生活保護ドラマ、とっても臨場感があって、見ごたえがあると思いますよ!!

生活保護のみならず、介護やその他の社会保障の現場を題材にしたドラマも、もっと作られてほしいと思いますし、それがキッカケで、日本の社会保障が、もっと良くなることを願っています。