生活保護を受けてもバイクは乗れますか?

 

これもよく聞かれる質問ですね。

 

結論からいうと、許されるものと許されないものがあります。

 

原付バイクなら、ほとんどOKです。

 

どういう判断基準かというと「娯楽性」があるかないかです。

 

客観的に考えても、やはり生活保護を受給するという性質から

娯楽を目的とした動産の所持は到底認められるものではありませんね。

 

 

娯楽性があるかないかは、そのバイクの排気量で判断することとなります。

その上で、さらに条件を満たしている場合は許されるといったものです。

 

 

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

 

では、その基準、条件を具体的にいうと

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

総排気量125cc以下のオートバイ及び原動機付自転車については、その処分価値及び主な使途等を確認したうえで、次のすべての用件を満たすものについては保有を認めて差し支えない。

○当該オートバイ等が現実に最低生活維持のために活用されており、処分するよりも保有している方が生活維持及び自立助長に実効があがっていると認められること。

○保有を認めても当該地域の一般世帯との均衡を失くすことにならないと認められること。

○自動車損害賠償責任保険及び任意保険に加入していること。

○保険料を含む維持費についての捻出が可能であると判断されること。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

上記が条件となります。

 

 

さらに詳しく解説していきたいと思います。

 

基本的に原付自転車か、もしくは同等の排気量のバイクに限定されます。

というより、それ以上排気量が大きいバイクは、「生活維持及び自立助長」に必要はない、ということです。

所持の目的が「生活維持及び自立助長」であり、娯楽ではないということ。

 

逆に言うと、「生活維持及び自立助長」が目的であるということが明白であれば

認められるのは、そんなに難しくないということですね。

 

事例をあげるとしたら、私の住んでいる場所は、最寄の駅といっても10キロ離れていて、さらに電車は1時間に1本しか走っていない田舎です。

ですので、徒歩・自転車での移動範囲内で就職活動をせよ、というのも非現実的な話ですし、ほとんどのケースは「生活維持及び自立助長」には欠かせないものと判断し、原付自転車の使用を許可しました。

 

ちなみに、中には「生活保護を受給している人間が、原付バイクなんで贅沢だ!」と言ってくる人もいますが、それは、感情に任せた非論理的な生活保護バッシングであり、気にする必要はありません。

 

ただし、東京、大阪といった、最寄りの駅までも距離が短く、電車も数分おきで発着しているような地域では、公共交通機関で十分「生活維持及び自立助長」が可能と考えられますので、福祉事務所によって、許可をくれないところもあるかもしれませんので、まずは一度福祉事務所と相談していただきたいと思います。

 

また、自賠責、任意保険には絶対に入ってくださいね。

お金がもったいないからと言って、無保険で乗っていて、万が一、事故が起こった場合、当然ながら、生活保護受給者のあなたが慰謝料等を支払えるわけもなく、相手も泣き寝入りするしかなく、誰も喜ばないという大惨事になってしまいますので!!

 

 

生活保護の基本は

「生活維持及び自立助長」

です。

 

生活保護の法律は、とにかく、この基本がありきである

ということをしっかり理解していてください。

 

 

 

筆者からのメッセージ

僕は、地方公務員でケースワーカーとして、生活保護を担当してきました。

毎日、たくさんの保護相談を受けてきましたし、このページを読んでいるみなさんの中にも、保護を検討されている人も多いと思います。

しかし、実際の現場に出て分かったことは、生活保護の実情はそんなに甘いものではないということでした。

僕は、みなさんには、生活保護はオススメしません。

かといって、このサイトにたどり着いたみなさんに

今さら、「真面目にコツコツ働きなさい。」とも、いうつもりはありません。

 

お金がなく、生活に困っている、みなさんの役に、何とか立ちたいという想いから

地方公務員で、ケースワーカー経験者でありながら

生活保護を受けるよりも、「簡単」に生活苦から抜け出せる方法を

精一杯考えましたので、ぜひ、ご覧になってみてください。

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

 

 

できるだけ多くの悩まれてる方々に 情報をお届けできたらと思って ブログ書いてます。

もし、よかったら ブログ内に

Facebook

google+

はてなブログ等

のシェアボタンを設置してあるので、ぜひポチッとしてもらえるととても嬉しいです。

あなたの力、少しだけお貸しください。