さて、ご自分の状態が受給資格に該当しそうであれば、まずは「保護申請」をしてみましょう。

 

必要な用紙は市役所等の福祉事務所の窓口でもらえます。

申請書の提出を受ければ、ケースワーカーは各種調査を行い、保護の開始・却下の決定をします。

しかし、前ページでお話したとおり、福祉事務所は、保護者が増えることは望んではいません

なので、福祉事務所の中には、いろいろ言って申請書も渡してくれないところもあります。

 

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

福祉事務所は、生活保護者が増えることを望んではいない

なぜなら、福祉事務所は、いったん申請書が提出されれば拒むことはできず、意図的に保護件数を抑えるといったコントロールはできないからです。

 

ですので

「必要書類が不備。」

「若いんだから、もうちょっと頑張りなさい!」

「親兄弟にもう一回ちゃんと相談した上で、もう一度来て。」

といったようなことを言って申請書をなかなか渡そうとしない。

 

はい。私もそう言って何人も窓口から帰したことがあります。

 

すいません汗

しかし、こういった水際作戦は、本当は正しいやり方ではありません。

 

ここで!!!

もし、いろんな難癖をつけられて申請書をなかなかくれなければ、最強に効く究極の必殺技を皆さんにお教えします!!

 

生活保護を受給するための、究極の裏技とは!

それは

「市(町)議会議員に口利きしてもらう。」

です。

 

%e8%ad%b0%e5%93%a1%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b82

申請書を渡さないというのは、堂々と胸を張れるやり方ではありませんし、議員からつっこまれたくないので、福祉事務所は、速攻で申請書をくれるでしょう笑

ちなみに、議員は票につながりそうであればいろいろ動いてくれるし、議員と面識がなくても心配いらないです笑

これ、ほんとめっちゃ効きます!!!

私も、何件か議員を通した相談を受けましたが、揉めたくないので、淡々と事務を進めさせていただきました。

当時「この議員さん、どうせ票欲しいだけなんでしょ。」なんて思いながら処理していたのを思い出します。

 

議員に口利きしてもらうのは、ハードルが高いな

と思う人は、、、

県庁の生活保護担当に電話して、「申請書をくれないです」と告げ口するのも効果的!!

県の生活保護担当課は、市の福祉事務所を指導する立場なので、県の担当課から福祉事務所にソッコーで指導が入りますから。

ただ、仮に、そうやって申請ができたとしても、完全に安心してはいけません。

 

ひどい福祉事務所であれば、申請を受けた後でも

「保護を受けることを親族に相談しているのか」

とか

「若いうちから保護を受けるなんて、恥ずかしいことだ。」

など、いろいろ言ってきて「申請自体を取り下げる」ように仕掛けてくるところもあるらしいです。

 

申請を取り下げるというのは「もともと申請は無かったもの」と見なす、という扱いになるので、いろいろ揺さぶりを受けたとしても、きっぱり断りましょう。

とにかく「申請をする。」

これが最初の第一歩です。

勇気をもって行動してみてください。

 

 

そういえばですが・・

一度、窓口に自分と同じ齢くらいの人が相談に来て、どこかで見たことあるような、、、と思いながら窓口へ出てみたら、同級生だったことがあります。

相談を受けながら「そういえば昔、こいつによくイジめられていたな。。」

と思いだし始めて、途中から「今の状況ではまだ受給できないと思う。まだ頑張れるって!」

とか言って、申請書を渡さず出直させてしまいました。

(実際、親族と相談して、保護は受けなくても良くなったみたいだけど。)

もし、その同級生が若い頃、僕にもっと優しくしていたならば、その時の対応も、もっと違ってたかもな~と、ふと思うのです。

小さい頃から、人に優しくしてきた方は、めぐりめぐって、優しくされる時が来ると思いますよ^^

 

筆者からのメッセージ

僕は、地方公務員でケースワーカーとして、生活保護を担当してきました。

毎日、たくさんの保護相談を受けてきましたし、このページを読んでいるみなさんの中にも、保護を検討されている人も多いと思います。

しかし、実際の現場に出て分かったことは、生活保護の実情はそんなに甘いものではないということでした。

僕は、みなさんには、生活保護はオススメしません。

かといって、このサイトにたどり着いたみなさんに

今さら、「真面目にコツコツ働きなさい。」とも、いうつもりはありません。

 

お金がなく、生活に困っている、みなさんの役に、何とか立ちたいという想いから

地方公務員で、ケースワーカー経験者でありながら

生活保護を受けるよりも、「簡単」に生活苦から抜け出せる方法を

精一杯考えましたので、ぜひ、ご覧になってみてください。

 

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

筆者からのメッセージ その2

数年間、ケースワーカーから離れていたのですが

なんと今年よりケースワーカーに再度、就任しました。

また、障害福祉も担当となりましたので

そちらの分野でも情報を発信できると思います。

読者のみなさま

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

その他、できるだけ多くの悩まれてる方々に 情報をお届けできたらと思って ブログ書いてます。

もし、よかったら ブログ内に

Facebook

google+

はてなブログ等

のシェアボタンを設置してあるので、ぜひポチッとしてもらえるととても嬉しいです。

あなたの力、少しだけお貸しください。

.