生活保護を再申請する時の条件などはあるのでしょうか??

 

生活保護を受けていたが、何らかの理由から廃止された
しかし、また、保護が必要となった場合
再申請が必要になりますが
その時に、なんらかの条件・制約はあるのかという不安がありますよね。

結論から言いますと
再申請であっても、基本的には普通の申請と条件は変わりません。
しかし場合によっては条件はあります。

はい、では
ここで落ち着いて、一度整理してみましょう。
その廃止理由により、条件・制約は変わってくるからです。

生活保護が廃止される場合というのは
ざっくり言うと2パターンになります。
一つは
就労や年金受給により、収入が生活保護の条件である基準額より多くなったことから廃止になる場合。

もう一つは
ケースワーカーの指導に従わなかったとか、不正受給をしていたことから廃止となる場合。

この2パターンです。

 

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

この2パターンについて、再申請の条件を説明したいと思います。

まずは、一つ目の、収入が生活保護の条件である基準額より多くなったことから廃止になったが、再度申請をするという場合ですが
こちらについては初めての保護申請と条件は変わりません。

就労により、収入が基準額を超えて廃止になったが
その後、仕事を退職したりして、収入がなくなり、収入が基準額を下回れば
生活保護は受給できます。
この場合は、再審査かどうかは全く関係ありません。
初回と全く同様、申請をしていただければいいと思います。

生活保護は、保護が必要な人は必ず受けることができる法律です。
「保護が必要な人」とは
シンプルにいうと、下記の3つの条件をクリアしている人のことです。

 

その、3つの条件とは
・生活を維持していけるだけの収入(基準額)がない。
・生活を援助してくれる身内、縁者がいない。
・資産、財産(家、車等)がない。
上記の3つです。

 

当ブログの「元担当者がぶっちゃける、生活保護のもらい方と条件、支給額」のページで
もっと詳しく説明していますので、ぜひ、そちらもお読み下さい。
この条件がクリアされていれば、再申請はできます。
では、もう一つのパターンです。
これはどんなパターンだったかというと
福祉事務所から発された指導文書に従わなかった、とか、不正受給をしていたことから廃止となる場合
でしたよね。

こちらは、少し事は複雑になってきます。
なぜなら、このパターンの廃止は、生活保護を受けるためのルールを守らなかった人に対する
懲罰的な理由が込められているからです。

ですので、条件は、上記の3つ以外に
廃止の原因となった指導事項について
ちゃんと改善されているかどうか
今後も、その指導内容について、二度と再犯しないと反省している
という「姿勢」を伝える必要があります。

これが伝わらければ、福祉事務所もさすがに見向きもしてくれないかもしれません。
福祉事務所、ケースワーカーといえど、相手は人間です。

自分が相手の立場だったらどう思うでしょうか?
「これはやってはいけない」
と言っているのに、それを無視してやるような人がいたら
あなたはどう感じるでしょうか?
常識的に考えれば、その辺は当然だと思います。

 

まとめ

本来、生活保護は、必要な人は、必ず受けることができる法律です。
国が用意した、最後の最後のセーフティネットですから。
ですから、正々堂々、法律通り申請し、守るべきルールを守るだけでいいのです。

しかし、そのルールを守らないから、話がややこしくなるのです。
国民を守るためにあるのが法律。
法律はルール。
そのルールを守らなければ、当然、法律もあなたを守ってはくれません。

アウトローの世界など、ルールの外で生きる人もいます。
それはそれでいいと思います。
しかし、ルールの外で生きるということは
ルールで守られることもない、ということです。

その選択をするも、あなたの人生です。

僕は前者であり続けたいと思います。
やはり、この世は、正しく生きる方が、最終的に得をするようになっているのだなぁ、と思います。

 

筆者からのメッセージ

僕は、地方公務員でケースワーカーとして、生活保護を担当してきました。

毎日、たくさんの保護相談を受けてきましたし、このページを読んでいるみなさんの中にも、保護を検討されている人も多いと思います。

しかし、実際の現場に出て分かったことは、生活保護の実情はそんなに甘いものではないということでした。

僕は、みなさんには、生活保護はオススメしません。

かといって、このサイトにたどり着いたみなさんに

今さら、「真面目にコツコツ働きなさい。」とも、いうつもりはありません。

 

お金がなく、生活に困っている、みなさんの役に、何とか立ちたいという想いから

地方公務員で、ケースワーカー経験者でありながら

生活保護を受けるよりも、「簡単」に生活苦から抜け出せる方法を

精一杯考えましたので、ぜひ、ご覧になってみてください。

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

.