生活保護を受けると近所にばれる?

 

基本的に、個人保護法を厳しく守っていますので、福祉事務所経由で情報が漏れることはないです。

その上で、もし外部にバレるとしたら、2通りの可能性があります。

 

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

扶養照会でバレる

 

一つは、受給審査の時の、扶養照会です。

こちらは、生活保護申請者の親族関係者について、福祉事務所が公的機関を通じて調べ、その方々へ

「○○さんより生活保護申請がありましたが、○○さんを扶養することはできませんか?」

と訪ねるものです。

この調査は、保護を開始する前に、必ずやらなくてはいけないと生活保護法で決まっています。

 

この調査によって、あなたが生活保護を申請したのだということが親族、親戚関係には分かります。

 

sinnzoku
生活保護法上、三親等まで調査を行うものとされています。

三親等とは、「ひ孫、曽祖父、曾祖母、おい、めい」までに及びます。

 

しかしながら、そんなに恐れなくても大丈夫です。

現実問題として、事務作業も、あまりに膨大になることから、そこまで照会をかけることは、なかなかありません。

まずは、親、夫婦、兄弟姉妹、子供には扶養照会が行われた後、扶養の反応がなければ、そのまま保護決定となるケースがほとんどです。

 

また、親族が扶養を拒否したとしても、生活保護が受けれなくなるということはありません。

厚生労働省も「親族から援助を期待できるかどうかは、生活保護を受ける際の要件ではない。」としています。

 

この件については、次長課長の河本さんの不正受給疑惑が参考になりますので、下記のページを参照ください。

⇓⇓⇓⇓⇓⇓

河本準一 生活保護不正受給問題 ~経緯と真相~ koumoto-kaiken

 

 

この扶養照会は、受給が決定されても、毎年行わなくてはならないものです。

また、この扶養照会は避けることはできませんので、ご了承ください。

(抜け道的なものがあるのかもしれませんが、私には思いつきません。)

 

ちなみにこの調査、やっているこっち側も本当に虚しいものです。

ほとんどの方が

「扶養できません。」

「自分の生活で精一杯で面倒みれません。」

といった返事です。

そりゃそうだろうと思いますが、出さなくてはなりません。ただただ、むなしい作業。苦痛です。

 

一番切ないのは

「○○にはとても迷惑をかけられました。そんな人をなぜ扶養しなくてはならないのですか。二度とこんな調査は送ってこないで下さい。」

といったもの。

結構あるんです。本当に凹む。でも、法律上、毎年出さなくてはならなくて、毎年叱られます。

 

こういった調査は、扶養以外もあります。下記のページで説明していますので読んでみてください。

⇓⇓⇓⇓

各種調査ページ

日頃の行動から生活保護を受けていることがバレていく

もう一つは、受給者本人の、日頃の行動からバレていったりするものです。

生活保護を受けると、働いていないので、日中、ヒマを持て余します。

また、基本的に車は所持できないので、移動手段は歩きとなります。

日中から行動しようにも、歩くしかないのですが日中から出歩いていると、近所の人は

「あの人、日中からフラフラ出歩いてて、何してるんやろ。」

みたいな感じで思います。

kinnjo

また、日中から飲酒も可能なので、ついつい昼間から飲酒しているところを見られたり、酒臭いのを気づかれたりします。

またパチンコやそういったところにもたくさんの目があります。

みんな意外と見ているものです。

 

こういうことが積み重なり

「あの人の生活スタイルを見るに、どうも生活保護を受給しているのでは。」

と周りにバレ始めます。

 

生活保護を受けていることがバレたからといって、法的なデメリットのようなものはありませんが、メリットもありませんので、バレたくない方は、ぜひ私生活に気をつけていただきたいと思います。

 

筆者からのメッセージ

僕は、地方公務員でケースワーカーとして、生活保護を担当してきました。

毎日、たくさんの保護相談を受けてきましたし、このページを読んでいるみなさんの中にも、保護を検討されている人も多いと思います。

しかし、実際の現場に出て分かったことは、生活保護の実情はそんなに甘いものではないということでした。

僕は、みなさんには、生活保護はオススメしません。

かといって、このサイトにたどり着いたみなさんに

今さら、「真面目にコツコツ働きなさい。」とも、いうつもりはありません。

 

お金がなく、生活に困っている、みなさんの役に、何とか立ちたいという想いから

地方公務員で、ケースワーカー経験者でありながら

生活保護を受けるよりも、「簡単」に生活苦から抜け出せる方法を

精一杯考えましたので、ぜひ、ご覧になってみてください。

生活苦から抜け出したい人は、こちらをクリック ↓

 

筆者からのメッセージ その2

数年間、ケースワーカーから離れていたのですが

なんと今年よりケースワーカーに再度、就任しました。

また、障害福祉も担当となりましたので

そちらの分野でも情報を発信できると思います。

読者のみなさま

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

その他、生活保護についての、みなさんの疑問にお答えする記事を書いています。

ぜひご覧ください。

記事一覧

↓↓↓↓↓

 

できるだけ多くの悩まれてる方々に 情報をお届けできたらと思って ブログ書いてます。

もし、よかったら ブログ内に

Facebook

google+

はてなブログ等

のシェアボタンを設置してあるので、ぜひポチッとしてもらえるととても嬉しいです。

あなたの力、少しだけお貸しください。